2016年01月05日

非分解プラセンタとは

プラセンタとは胎盤のことです 。

妊娠してからたった280日ほどで人間の赤ちゃんを抱ける程の大きさまで育て上げる力を持った胎盤には、
大人が経口摂取しても健康面・美容面で多くの効果が見込めます。



そんな有名なプラセンタですが、通常は分解酵素により分解した状態で販売されます。

何故なら分解することにより、
痛んでいる部位や価値のない部位もプラセンタとして販売できるので、
コスト削減が可能だからです。

しかし、分解しても栄養素は残りますが、
私たちが必要としている胎盤としての働きは失われてしまいます。

そこで登場するのが「非分解プラセンタ」です。



非分解プラセンタは、胎盤の機能を最大限に引き出すために、一切の分解をしません。

それゆえ鮮度が重要となってくるため、
通常一緒に混ぜて販売される痛んでいる部位等は丁寧に取り除きます。

加えて、急速冷凍保存・長時間低温殺菌・特殊真空乾燥という行程を経て、
胎盤の細胞やタンパク質を極力壊さないようにパッケージされます。

これにより、胎盤の機能を生かしたまま、
新鮮なプラセンタだけを私たちの体の中へ届けることができます。

生命力を最大限に保持したプラセンタは、吸収スピードの早さに繋がります。
posted by 健康ヘルスチェック at 03:05| Comment(0) | プラセンタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

タグクラウド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。